2011年1月 9日 (日)

日経225指数先物寄り引けシステムトレードSM DayV4 斎藤 秀樹

日経225指数先物寄り引けシステムトレードSM DayV4

日経225指数先物寄り引けシステムトレードSM DayV4




下記より購入しカンタンな感想を送るだけで最大9500円還元されます!

日経225指数先物寄り引けシステムトレードSM DayV4 




日経225指数先物取引について
日経225指数先物取引とは、簡単に言うとニュウス等でよく言われる日経平均株価を取引する事です。
先物取引というと、良いイメージを持たない方も多いと思います。
しかし、個別株の様に銘柄を選ぶ必要もなく、何より倒産や上場廃止による危険が御座いません。

日経225指数先物寄り引けシステムトレードSM DayV4

日経225指数先物取引は、ラージとミニの2種類あり、ラージは指数変動価格の1000倍・ミニは100倍で取引でき、資金に合わせて取引可能です。
多くの証券会社で取り扱っていますので、手数料の安い会社を選んで下さい。

キャッシュバック

当サイトのファイルでは、朝サインを確認し9時の寄り付きで参入し、午後3時10分の大引けで決済しますので、仕事のある方も携帯電話等で取引できます。
資金管理さえできれば、決して危険な取引では御座いません。

寄り引けトレードについて
朝9時の寄り付きで参入し、午後3時10分の大引けで決済します。
自動売買用のソフトは必要なく、朝証券会社にPC(携帯電話)で寄り付き成り行き注文を出し、お昼休みの時等に、大引け決済注文を出すだけです。
作業時間は、朝とお昼合計で10分もあれば済んでしまいます。

7アローFX

寄り引けトレードの場合は参入回数が少なく、スリッページがないので、その点でザラバ参入・ザラバ決済より有利となります。
一般的に、自動売買等で成績に手数料・スリッページ含まずと記入されている成績は、参入回数が多ければ多い程、実売買と大きな差が出て来ます。
例えば、1日平均2回参入するシステム(寄り引けでは無い)の場合は、スリッページ1日10円・手数料同4.2円で計14.2円が消えてしまう可能性(参入・手仕舞い条件により変わってきます)があります。
1年で240日取引すると、3408円が消えてしまう(損失が出る)計算です。
この様なトレードシステムであったとすると、「当プログラムは、ラージで運用した場合1年で350万円の利益になります」と書かれていても、利益は出ない可能性すらあります。

恋スキャFX

日経225指数先物取引は、参加者が多く、出来高も十分ありますが、中でも寄り付きと大引けが一番出来高が多くなります。
よって、数十人程度ではマーケット価格に影響は出てきません。
当ファイルは、夜間Dow等の影響で大きく動くオーバーナイトは参入致しません。
夕場も参入致しませんのでご注意下さい。